子供に多い水イボにヨクイニンが効果的?水いぼができた時の対処法

子供に多い水イボにヨクイニンが効果的?

水イボは夏場に流行しやすく、子供や幼児にもよく見られる皮膚の病気です。見た目は、その名の通り水っぽく光沢のあるようなイボが特徴になります。ここでは、水イボができた時の対処方法として効果的なヨクイニンについて解説していきます。

子供に水イボが多い原因は?

子供に水イボが多い原因は?

子供や幼児になぜ水イボが現れやすいのかと言うと、水イボが伝染性軟属腫ウイルスであることが原因です。
人から人へと感染する性質を持っているため、学校や休日などにプールに入ることで感染することがあります。
症状には見た目のイボだけでなく、痒みを生じることがあり、掻きむしってしまうとことでさらに広範囲に広がってしまうこともあります。

水イボの治療方法は?

水イボの治療方法は?

水イボはそのままにしておいても次第に免疫機能が備わって、半年から数年程度で自然治癒すると言われています。
しかし、完治するまでの間は見た目の問題もありますし、二次感染を防ぐためにプールに入ることができません。
できるだけ早く治すためにも予防のためのスキンケアや適切な処置が必要です。

自宅で行う処置

症状が軽い内であれば、消毒をしたピンセットで摘むことで簡単にイボをとることができます。
ここで注意が必要なことは、潰したイボから出てきた汁は他の皮膚につかないようにすることです。汁の中にはウイルスが含まれているため、タオルやガーゼなどを添えてから処置を行うと良いでしょう。 広範囲に広がってしまったり、早く治療を行いたかったりする場合には皮膚科で治療してもらうのが確実です。
また、水いぼかと思っていたら、「水疱瘡(水ぼうそう)だった」ということもありますので注意が必要です。

病院で行う水イボの治療

病院ではピンセットでイボを摘む以外に、液体窒素を使用した治療や硝酸銀クリームによる治療が行われます。
液体窒素を使い、小さな火傷のような状態を作ることでウイルスを死滅させます。治療後には跡がつきますが軟膏を塗ることで綺麗になるため心配はありません。
ただ、子供や幼児にとっては痛みを嫌がったり、硝酸銀クリームによる痒みを伴うことがあるため注意が必要です

水イボに効果的なヨクイニン!

水イボに効果的なヨクイニン!

そこで、子供の水イボに効果的なのがヨクイニンになります。 ヨクイニンとは数ある生薬のひとつで、漢方の世界では肌の基礎力をサポートするものとして親しまれているものです。

ヨクイニンとは?

ヨクイニンはハトムギ茶としてもお馴染みのものとなっていますが、このハトムギの種子の殻を剥いたものがヨクイニンとなっています。
植物由来のものですので体にも優しく、子供や幼児が飲むこともできます。

ヨクイニンの効果とは?

免疫細胞を活性化させて抗腫瘍作用や抗炎症作用を促進し、ウイルス性のイボを取り除く効果が期待できるのです。体の中の余分な水分を排出する利尿作用や、皮膚の新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーをサポートしてくれます。実際に皮膚科でも液体窒素による治療を行いながら処方薬とされたり、幼児などの液体窒素の治療が難しい小さい子供には、軟膏と一緒に治療薬として出されたりすることもあるのです。

ヨクイニンを飲む時の注意点は?

ヨクイニンは一日に飲む量が定められており、市販薬でも目安が記載されています。ただ、体の小さな子供の場合は医師や薬局の薬剤師さんに相談した上で服用した方が良いでしょう。
他にも注意点としては薬との併用や小麦などのアレルギーを持っている場合には服用に適していない場合があります。
ヨクイニンは植物由来の成分のため比較的体に優しいとは言われていますが、念のためかかりつけの医師に相談してからにしましょう。

ヨクイニンで水イボをケアする時には?!

ヨクイニンで水イボをケアする時には?!

ヨクイニンは即効性のあるものではありませんので、個人差はありますが実感できるまでに1ヶ月程度は掛かります。
免疫力を高めることが目的ですので、風邪薬や胃腸薬のような即効性があるものではありません。
自宅でできるピンセットでの処置方法やヨクイニンを飲んで治す方法は、症状が軽い場合や補助的な役割となります。
もし、症状が気になる場合や早期治療を希望するのであれば、早めに皮膚科に相談することが賢明です。本人の自覚症状は軽いこともありますが、伝染する性質がありますので、できる限りのケアを行っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする