顔に出来るイボの種類と原因を詳しく解説!

顔に出来るイボの種類と原因を詳しく解説!

最近、老けて見られている?
鏡を見ると顔にイボが出来てしまってる!?
正しい治療法で取り除く為にも、顔に出来るイボの種類と原因を見ていきましょう。

女性に多いイボの種類は?

女性に多いイボの種類

青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

顔によく出来るイボの大半は青年性扁平疣贅で、ウイルスが原因となって出来ているイボです。
青年と10歳~20歳の女性の顔にできやすく、顔の傷口にヒトパピローマウイルスが入ってイボとなります。
色は褐色で大きさは5mm~1cm程度です。
一度にたくさんできやすい特徴があります。
自然に治るイボですが、赤くなって皮が向け始めると1周間~2周間ほどで治るといわれています。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

別名で脂漏性角化症とも呼ばれ、老化が原因で出来るイボです。
新陳代謝が衰えた肌に紫外線があたることにより発症します。
大きさは1~2mmほどの小さなイボで次第に大きくなる特徴があります。
同じ肌の色から濃い肌色、黒色と様々な色と形で現れます。
中には痒みを伴う物もあり、徐々に大きくなり数も増えていくので、小さいうちに取り除くことをおすすめします。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

青年性扁平疣贅と一緒で肌の傷口からウイルスが感染し出来るイボです。
大きさは粟粒の大きさからエンドウ豆の大きさと様々な大きさと形をしています。
表面は粗くて固く色は灰色と白色調です。自分の皮膚から皮膚に感染しやすいので数が増えていく特徴があります。
免疫力を高めることで自然になくなることもありますが、数が増える前に治療するのがいいでしょう。

糸状疣贅(しじょうゆうぜい)

極稀ではありますが、尖った形のイボが出来た場合は糸状疣贅の可能性があります。
ウイルスが原因で、皮膚の柔らかいところに出来やすいイボです。
2~3mmのものが多く肌色から黒褐色で老化現象のひとつと言われています。

軟性線維腫(アクロコルドン)

アクロコルドンは老化や摩擦が原因で特に首周りにできやすく肌色のいぼです。
2~3mmほどの大きさでイボの中では小さく柔らかく平らなイボで徐々に増えていくのが特徴です。 痛みはほとんどなく、早ければ20歳~30代から発症率が高く、中高年以降になると出来やすいイボです。

スキンダック

アクロコルドンと同様老化や摩擦や紫外線が原因で同じ箇所にできやすい種類のイボですが、 スキンダックの方がアクロコルドンより少し大きく盛り上がっていて色も褐色~黒色と、大きさは数mmくらいから大きくなると1cmのものもあり、形も様々なのが特徴です。

顔にできてしまったイボの治療方法

顔にできてしまったイボの治療方法

イボの治療方法は一般的に「冷凍凝固(液体窒素)」の治療法を用いられることが多いのですが、 冷凍凝固術の場合は色素沈着が起きてしまうので顔のイボに関してはレーザー治療の方がおすすめです。
時間をかけてもいいという方はヨクイニンの内服薬で身体の内側からイボをとっていくのもいいでしょう。

顔のイボは肌の皮膚が弱った時や傷がついてる時に出来やすくなります。
紫外線対策をしっかりし規則正しい食生活や習慣で免疫力を上げ、お肌のターンオーバーを促進させスキンケアもしっかり行うとイボの予防に繋がります。
イボが出来てしまった場合はイボの種類に合わせて正しい治療をしていきましょう。