ヨクイニン錠人気ランキング!比較評判おすすめはどれ?徹底解説

イボや肌荒れはなんとかして治したいもの。いぼを治すときに調べてよく出てくるのがヨクイニンという成分。ヨクイニンとはどのような成分なのでしょうか?ヨクイニンとはハトムギというイネ科の植物に含まれる種子のことを指します。中国ではイボや肌荒れ治療の漢方薬としてされており、日本では医薬品として取り扱われています。このヨクイニンを一定量配合したものが薬品として取り扱われているのですが現在薬局でも様々な種類のヨクイニン錠の取り扱いがされています。ヨクイニン錠はどのようなものがいいのでしょうか?用法・容量や価格をランキング形式でまとめましたので参考にしてみてください。

オルジェパール(新日本製薬)

オルジェパールの特徴

オルジェパールは最近、新日本製薬が販売していたヨクイニン錠SHがリニューアルされた商品です。主なパワーアップして点としては、ヨクイニンエキス660mg(ヨクイニン量は従来品「ヨクイニン錠SH」と同じ)に加えヨクイニン末300mgを配合することでヨクイニンの量が約30%近く増えています。どう違うの?と思う方もいるかもしれませんが、ヨクイニンエキスは濃縮することで生薬量を多く摂ることができ、ヨクイニン末は生薬の成分を丸ごと摂取できるので、ハトムギに含まれる、食物繊維やタンパク質なども補給することができます。

【オルジェパールまとめ】

・第3類医薬品

・容量・価格:180錠/4,104円(本体価格3,800円)

※30日分(1回2錠×1日3回の場合)

・用法・用量:成人(15歳以上)/1回2錠を1日3回食前または食間に、
水または白湯にて服用(食間:食後2~3時間)

その他、使用上の注意をよく読んで、用法・用量を厳守。

効能:イボ、肌あれ、首などの肌のざらつき

ヨクイニンタブレット(クラシエ)

ヨクイニンタブレットの特徴

最近TVでも放送されている漢方商社大手のクラシエから販売されているヨクイニンタブレット。クラシエからヨクイニン錠は様々販売されていますが、中でもお勧めなのがヨクイニンタブレット。ヨクイニンの量を高めることで、よりイボ等や肌荒れへの効果が期待できる処方になっています。配合量もヨクイニン錠の中でもトップクラスの1500mgが配合されています。早くイボを治したい方や、イボと共に肌荒れが気になる方にはもってこいのヨクイニン錠となります。しかしながら目安摂取量が一日あたり18錠と多いため、薬を多く飲んでいる方にはおススメできません。

ヨクイニンタブレットのまとめ

・第3類医薬品

・容量・価格:504錠/3,996円(本体価格3,700円)

※30日分(1回6錠×1日3回の場合)

・用法・用量:用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

その他、使用上の注意をよく読んで、用法・用量を厳守。

・効能:イボ、肌あれ

ヨクイニンS(コタロー)

ヨクイニンSの特徴

ヨクイニンSはコタロー(小太郎漢方製薬株式会社より販売されているヨクイニン錠になります。特徴としては、上位2つよりも昔より販売されているのでよりイボ取りのヨクイニン錠として長年愛されてきました。ヨクイニン量としては一日あたり2000mg摂取できるようになっております。

ヨクイニンSのまとめ

・効能:皮膚のあれ、イボ

・種類:第3類医薬品

・容量・価格:720錠/6,372円(本体価格5,900円)

※48日分(1回5錠×1日3回の場合)

・用法・用量:用法・用量

食前または食間に服用してください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 5錠 3回
15歳未満7歳以上 3錠
7歳未満5歳以上 2錠
5歳未満 服用しないでください

その他、使用上の注意をよく読んで、用法・用量を厳守。

イボコロリ内服薬

イボコロリ内服薬の特徴

イボコロリ内服薬のまとめ

ハトムギエキスDHC

ハトムギエキスの特徴

ハトムギエキスのまとめ

ビタトレール ヨクイニン錠

ビタトレールの特徴

ビタトレールのまとめ

本草ヨクイニン錠

本草ヨクイニン錠の特徴

本草ヨクイニン錠のまとめ

ハトムギ粒 山本漢方

ハトムギ粒の特徴

ハトムギ粒のまとめ

ヨクイニン錠 松浦薬業

ヨクイニン錠の特徴

ヨクイニン錠のまとめ

まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする