ヨクイニンはアトピーに効くの?期待できる効果と副作用について

ヨクイニンはアトピーに効くの?

湿疹やかぶれ、さらに強いかゆみを伴う「アトピー性皮膚炎」。原因はさまざまですが、子供の時に発症するだけでなく最近は後天的にアトピーを発症する方も増えてきています。ヨクイニンはイボに効く成分として知名度が上がってきていますが炎症などかゆみなど肌が弱い人が使っても副作用はないのでしょうか?

アトピー性皮膚炎とは?引き起こされる原因と症状

アトピー性皮膚炎とは?引き起こされる原因と症状

そもそもアトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が良くなったり、悪くなったりと繰り返し引き起こされる皮膚の病気です。アレルギーを起こしやすい体質や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられます。季節の変わり目に症状が悪化しやすく、

アトピーになる原因は、様々ですが主な原因として、遺伝や食事、ハウスダストやカビ、ダニなどのアレルギーが原因といわれていますが、生活習慣や生活環境がかなり影響しているようです。

またアトピー体質として、遺伝的要素もかなり高いといわれています。これは、家族がアレルギーの病気をもっていて免疫反応に対する抗体(IgE抗体)が異常に多いことが原因とされています。

またアトピーの人の肌はバリア機能が弱いため、肌の保湿成分やセラミドが少なく、乾燥肌になりやすいので、アレルギーの原因となる異物や細菌が侵入しやすく、汗や化粧品、金属の刺激にも弱くなりかぶれやすくなります。

アトピーをさらに悪化させてしまう要因として、ストレスがあげられます。大人になってアトピーを発症する場合、生活環境が原因とされています。ストレスにより自律神経のバランスが悪くなってしまい、アトピーを発症してしまったり、ストレスでかゆみがひどくなってしまう場合もあります。

アトピー肌がヨクイニンを使うと悪化しない?副作用は?

アトピー肌がヨクイニンを使うと悪化しない?副作用は?

アトピーで一番辛いのは、繰り返してしまう強いかゆみや湿疹ではないでしょうか?

近年では、首イボなどを自宅でケアできるとしてヨクイニンを配合した化粧品が増えてきています。アトピー肌の方にとっては炎症は天敵そのもの。アトピーから引き起こされる炎症はなるべく避けたいものです。

ヨクイニンはアトピー肌の方が塗っても副作用が引きおこされることはありません。ヨクイニンは医薬品として認定されている成分ですが元々の由来としてはハトムギというイネ科の植物の種子であるので刺激性はありません。またイボを取るターンオーバーを促進する効果もありますが抗炎症作用もあるのでアトピー肌の方でも安心して使用することができます。

しかしながらアトピーからの副作用はありませんが、植物由来ではあるので植物アレルギーがある方は使用を控えるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎とヨクイニン

アトピー性皮膚炎とヨクイニン

ヨクイニンが皮膚の炎症を抑えてくれることで、アトピーの症状を軽減することができます。

またアトピーの症状が落ち着いた方でも、ヨクイニンのもつ抗炎症作用が肌の炎症を防ぐのでアトピーから引き起こされるかゆみも抑えてくれます。

アトピーは、アレルゲンを摂取することで引き起こされるのでしっかり肌を保湿し、清潔に保つことが重要です。またヨクイニンを配合した化粧品なども増えてきていますのでなるべく自然由来の化粧品を選ぶことをお勧めします。

アトピー肌でも安心!注目のイボ対策クリームランキングはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする