魚の目にはヨクイニンがいい?イボと魚の目の違い

魚の目にはヨクイニンがいい?

イボを皮膚科にいって治療しようとすると実は魚の目だったってことはよくあります。そもそもイボと魚の目の違いは見た目でわかるのでしょうか?また、魚の目と分かった場合、イボを治療するヨクイニンを使用して治療できるのでしょうか?当サイトで詳しく解説してますので魚の目やイボで悩んでいる方は参考にしてみてください。

魚の目とは?

魚の目とは?

魚の目はイボと同じ皮膚の角質が溜まってしまい部分的に厚くなることでできる皮膚病のひとつ。正式には「鶏眼(けいがん)」と言い、足の裏や指先に症状がよく見られます。
足にできる主な原因として、靴や歩き方の癖などで皮膚が圧迫や摩擦などの外的刺激を受けると、防御反応により角質は厚くなります。その時、刺激が1点に集中することで角質は皮膚の内側(真皮)に向かって増殖し、中心に硬い芯(角質柱)を作ります。角質化の面積は小さく、健康な皮膚との境界もはっきりしており、芯が魚の眼球のように見える形状になることから、一般的に「魚の目」と呼ばれます。

魚の目ができる原因って?

魚の目ができる原因

魚の目ができる原因として一番多いのは足になります。その理由として魚の目は圧迫、摩擦により、角質が厚くなりやすい場所にできます。その主な原因としては外的要因が多く、靴擦れや足の摩擦が多いことで皮膚が過剰に擦れてしまい引き起こされます。

魚の目の治療法を紹介!

魚の目の治療法を紹介!

魚の目は、大きさ、深さ、硬さ、形、周囲の皮膚の状態、痛みの有無などによって対処法が異なります。深部にある芯まで除去しないと完治はせず、再発するので、まずは自分の魚の目が現在どのような状況か見極めることが大切になります。皮膚科に通院して治す方法は以下になります。

冷凍治療法

液体窒素などのドライアイスを使用し皮膚を直接壊死させ、魚の目の芯を取り除く方法です。一昔前まで、皮膚かにイボや魚の目でいくとこちらの治療法が多くありました。痛みを伴うことが多いため現在ではこちらの治療法は減少しています。

カミソリなどで芯を直接除去する

魚の目が大きかったり芯が深くまである場合は一回の治療では治らないので定期的に除去するために通院する必要があります。

メスなどの外科除去

魚の目が一定の大きさや深さまで進行してしまっている場合の治療法になります。直接患部から芯を取り除くので回数も一回で終わります。

レーザーによる除去治療

魚の目が重症になっている場かつ周りの皮膚まで化膿したり膿んだりしてしまっている場合に使用される治療法です。しかし現在の法律では保険適用外なのであまりおススメはしません。

やってはいけない魚の目の治療法!

やってはいけない魚の目の治療法

魚の目ができたからと言って自分でむやみに治療するのは避けるようにしましょう。中でもカミソリなどを使用してセルフで芯を取り除くのは危険です。知識が浅いあまり、誤って皮膚を傷つけてしまったり傷ついた皮膚から雑菌が入ることで炎症を引き起こしてしまいます。軽い魚の目の場合は角質を柔らかくするサリチル酸を配合した医薬品を使用したり、ヨクイニン配合の内服薬や化粧品を皮膚の上から塗布する、痛みを伴う場合は皮膚科に相談するようにしましょう。

魚の目にはヨクイニンがおススメ!

魚の目にはヨクイニンがおススメ!

魚の目を治す治療薬としてヨクイニンがあります。ヨクイニンとはハトムギに含まれる種子で主にイボの治療薬として使用されています。主な効果としてはヨクイニンが肌のターンオーバーを促進することで硬くなった皮膚の再生を促してくれます。特に魚の目を治療する際は、芯が神経に直接突き刺さる為、直接焼いたりする治療法が多いです。治療するときは痛みを伴うのでできればゆっくり治療したいもの。ヨクイニンは少し時間がかかりますがゆっくり肌の再生を治してくれますので時間をかけてでも治療したいという方におススメです。

編集者激押しのヨクイニン配合クリームランキングはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする