イボ効果で知られている杏仁オイル!効果的な使用方法・注意点を紹介

イボ効果で知られている杏仁オイル!

女性の間で美肌に効果があると話題なのが、杏仁オイルです。
このオイルは杏の種子の核が原料で、杏仁そのものはスイートとして食べたり、漢方薬として用いられます。
そんなイボ対策にも効果的と言われている杏仁オイルについて詳しく見ていきましょう。

杏仁オイルとは?

杏仁オイルとは?

杏仁オイルはオリーブオイルのように杏子の種子を搾って作られ、アプリコットオイル、アプリコットカーネルオイルなどと呼ばれる事もあります。
このオイルには、首や顔に出来るイボを治す治癒させる効果がある事が判明しており、皮膚科を受診しなくても美肌になれるという事で口コミでも話題になっているのです。
実際中国では、昔から「美肌に有用な漢方薬」として珍重されており、滋養強壮に効く料理の材料にもなる程でした。

杏仁オイルの効果とは?

杏仁オイルの効果とは?

もともと杏仁には、利尿作用によるむくみの解消、便秘の緩和に良いとされて来ましたが、これらの作用に共通するのは、体内の不要な水分や老廃物を外に排出するという作用です。

イボへの効果

イボが出来るメカニズムも便秘やむくみと似た側面があり、首元や顔に出来るイボは脂漏性角化症、老人性疣贅とも言われており、加齢によって増えていくイボとなります。
杏仁オイルには、皮膚の老化・乾燥・角質硬化を防ぐ、リノール酸が含まれており、この成分が加齢によって首元や顔に出来るイボに効果があるのです。

また、これの約65%はオレイン酸で出来います。不飽和脂肪酸の一種でもあるオレイン酸には新陳代謝を促す作用や皮膚の酸化を防いで肌のハリをキープする効果があります。

シミやシワにも働きかける

バルミトレイン酸は元々体内にあるものの加齢と共に減少する物で皮脂に多く含まれており、これが減少すると肌のシワやたるみの原因にもなります。
このバルミトレイン酸を効率良く摂取する事で、肌を若々しい状態に保ちます。

この他にも、皮脂に油を供給して滑らかで瑞々しい肌を作るのに寄与するステアリン酸、紫外線から肌を守って肌を白く保つパルミチン酸、高い抗酸化作用があるビタミンEなどまさに天然の美容オイルと言うべき成分を余すところなく配合しているのが杏仁オイルなのです。

ウイルス性のイボには注意!

ウイルス性のイボには注意!

イボ対策で知られている杏仁オイルですが、ウィルス性のイボには効果が期待できません
なぜなら、ウィルス性の場合ヒトパピローマというウィルスが傷口から感染する事で、発症し皮膚の基底層まで入り込んで細胞分裂によって症状が現れます。
こうなってしまうと、ウィルスを取り除くかウィルスごと切除するような治療が必要になってしまいます。

従って、お肌の新陳代謝を促して、皮膚の角質硬化などを予防する性質をもつ杏仁オイルだけではウィルス性のタイプには効果が薄いのです。

杏仁オイルの副作用は?

杏仁オイルの副作用は?

こうした美容オイルのような製品になると副作用の心配も出て来ますが、前述した通り体内で生成される成分が主な為、副作用についてはほとんど心配は要りません

しかし、オイルを生成する過程で保存料などの化学薬品が加えられていたり、酷い場合は雑菌が入っている事も極稀にあります。
またこれらの有用成分は熱に弱い性質を持っており、オイルの抽出方法が高温のタイプの物は肝心の美容成分が失われている事もあるので、必ず低音抽出された物を選ぶようにしましょう。

杏仁オイルの使い方は?

杏仁オイルの使い方は?

杏仁オイルがお肌に良いと言っても間違った使い方をしていては、期待通りの効果をあげる事は出来ません。

その成分の威力を充分に発揮させるには、肌にいかに浸透させるかが重要になってきます。
まず必ず実行したいのは、手の体温で温めてからオイルを塗るという事です。
こうする事でよりお肌に浸透しやすくなります。

また、イボが出来てしまった患部にオイルをしっかり塗り込んでからその後、マッサージするとその効果を実感しやすくなります。

首に出来てしまっている場合は、顎から首筋、首筋から肩にかけて、鎖骨のくぼみに沿って優しく撫でるようにマッサージしてあげると、さらに効果を引き出す事が出来るます。

このマッサージの後に温めた蒸しタオルを肌にあてて上げるとさらに良いです。
お風呂より少し熱いぐらいの42℃にタオルを付けると丁度良い温度に仕上がります。
マッサージした肌に押し当てて、少し熱が冷めてきたくらいになったらタオルをゆっくりと離します。
電子レンジでチンして作ると、逆に肌の乾燥に繋がってしまうので注意が必要です。

少し手間かもしれませんが、これらのひと手間を加える事でオイルの成分の威力をフルに発揮させる事に繋がるのでやって損はありません。

使う時間帯については特に制限はありませんが、身体が暖まっているお風呂上がりが理想的です。

まとめ

このように美肌を作るのに欠かせない成分を多く配合する杏仁オイルですが、その結果が出る日数に関しては個人差があります。
早い人では4日、遅い人だと4ヶ月掛かったという人もいます。
そもそも皮膚のターンオーバーは28日掛かる事を考えると、あまり即効性は期待出来ない可能性があるのも否定出来ません。
とはいえ、毎日続けていればお肌の状態が良い方向に向かう可能性が高いので、諦めずに毎日使い続ける事が重要となります。